【読書レビュー】キネマの神様:原田マハ

読書レビュー

映画好きの、映画好きによる、映画好きのための物語

こんな方におすすめ

・映画が好きな方
・ほっこりした方
・泣きたい方(ジーンとしたい方)
・おすすめの小説を探している方

あらすじ

17年間務めた大企業を辞めたばかりであった円山歩(39歳)は、ひょんなことから

映画雑誌の老舗出版会社「映友社」にライターとして再就職します。

 

歩は入社してすぐ、会社ブログのリニューアル担当を任されます。

このブログを担当するチームは、

歩、同僚の新村穣(35歳)、社長兼編集長の息子・高峰興太(29歳)、

そして、歩が「映友社」に就職するきっかけを作った父の円山郷直(79歳)の計4人です。

 

円山郷直はただのマンションの管理人であり、ライターでもないド素人ですが、

長年にわたって数々の映画を観てきたかなりの映画好きです。

人気ブロガー「ゴウ」としてネットの世界でちょっとした有名人になります。

 

この人気ブログは国内にとどまらず、

英訳化によって海外でも注目を浴びるようになるのですが、

思いがけないゴウの「敵」が現れます。

 

その「敵」は、Rose Budと名乗るアメリカ人であり、

ゴウのブログ記事がウェブサイトにアップされる度に

それを真っ向から、そして上から目線で批判します。

 

しかし、「ゴウ」と「Rose Bud」の間には徐々に「戦友」として友情が芽生えます。

一連の両者のやり取りを通して、周りの人たちの人生が好転していく、そんな物語です。

主な登場人物

円山郷直(79歳:ゴウちゃん)
映画好きのギャンブラーです。マンションの管理人をやっています。

ギャンブルで借金を背負うどうしょうもない男ですが、憎めません。

「ゴウ」の書く映画の評論は愛が詰まっていて、共感できるところが多いです。

「フィールド・オブ・ドリームス」の評論は感動します。

映画館にはキネマの神様がいる、と小さい頃からそう信じています。

円山歩(39歳)
長年務めた大手再開発企業ではシネマコンプレックスなどを中心に、

都市開発を担う文化・娯楽施設担当課長でした。

歩の仕事ぶりに反感を持つ勢力によって退職に追いやられ、

「映友社」に転職します。

映友社は、50年の歴史を誇る映画雑誌「映友」の老舗出版社とはいえ、

その従業員は社長を含め計4人(歩を入れて5人)であり、

歩の前職とは職場環境がまったく異なります。

映友社でウェブサイトのリニューアル担当として働きはじめると、

歩の運命の歯車は、予想外の方向へ急速に回り始めます。

高峰好子
「映友社」の社長兼編集長です。

父の高峰文六が設立した「放映商事」を40歳で引き継いで、

同社の社長に就任するまでは順風満帆でした。

しかし、放映商事は経営危機から大手配給会社に買収されます。

それに加えて、両親が病死、夫が自殺、

息子は不登校になり、どん底の日々を過ごします。

そうした中、放映商事の子会社「映友社」だけは守り抜いてきました。

両親の遺産で赤字補填を続けているような経営状態の中、

映友社のブログに投稿された歩の映画評論が目に止まります。

同社の起死回生の策として歩を雇用したことが奏功し、

映友社(のブログ)は国際的に有名になります。

新村穣(35歳:ジョー)
「映友社」の従業員で、アニメーション映画を担当しています。

ブログのリニューアルチームでは、歩と共に仕事をするのですが、

新村の意見やその言い方などが歩をイラつかせます。

ただし、歩の父親に対する固定観念みたいなことを指摘するなど、

新村の発言はハッとするほど核心をついていたりします。

仕事はきっちりとやっていますし、社内では一目置かれた存在です。

歩もその点は認めています。

高峰興太(29歳:キョウタ)
「映友社」編集長・高峰好子の息子です。

特撮映画オタクの天才ハッカーで、ハンドルネームは「ばるたん」です。

高校を中退して以降、自宅にひきこもっています。

「映友社」のウェブサイトで特撮や怪獣モノに関するブログ記事を書いており、

世話役のジョーにだけ心を開いています。

ある日、円山郷直(ゴウ)から受け取ったメール内容に興味を持ったことから、

ゴウにブログの執筆を依頼します。

柳沢清音
歩が働いていた大企業でシネコン設計担当として

当時の歩のチームをサポートしていました。

歩を慕っており、歩が会社を辞める際には

”歩が一番好きな映画を、一番好きな映画館で一緒に観たい” という約束をします。

その後、清音も同大企業を退職し、アメリカ人の彼と駆け落ち同然で渡米します。

映友のブログが人気になり始めた頃、歩に同ブログの英訳化を提案し、

自分が無償で翻訳作業を手伝う、と申し出ます。

同ブログにおいて、日本と世界各国を結ぶ重要人物です。

寺林新太郎(77歳:テラシン)
円山郷直(ゴウ)が足繁く通う名画座「テアトル銀幕」の支配人です。

ゴウちゃんの親友でもあり、麻雀仲間でもあります。

娘の歩よりもゴウちゃんのことをわかっているかもしれません。

感想

この作品の読了感を共有したくて、どれだけの友人にこの作品を勧めたかわかりません。

この物語を読むと、とにかく映画が観たくなりますし、

単館の映画館に行きたくなります。

特に印象的だった場面は、「ゴウ」と「Rose bud」の”初戦”である

フィールド・オブ・ドリームスについての論戦です(文庫本P163〜)。

ゴウは同作が、家族愛をテーマにした話であり、

さらには父と息子の和解の話であることを

自分の生い立ちや現在の家庭環境などに重ねて説明します。

 

対するRose budは、家族愛などという言葉で同作を片付けるな、とゴウの意見を制して、

作品の時代背景や主人公らの生い立ちを簡潔に説明しつつ、

主人公はアメリカ人の手が届きそうで届かない夢を実現した話なんだ、と解説します。

この一連のやり取りは、何度も読み返しているシーンの一つです。

 

また、文庫本では片桐はいりさんが解説を書いています。

これは、片桐さんの人間性あふれる素敵な解説で、

作品を読んだ直後のほっこりした読了感を増幅してくれます。

「キネマの神様」は、原田マハさんの作品の中でも最も大好きな作品の一つであり、

何度も何度も、繰り返し読んでいる本でもあります。

作品をさらに面白く読むために、観ておくべき映画2作品

本作では映画の名作が何本も出てきます。

もちろん全部観た方が良いのですが、

これだけは知っておくと、より面白く読める映画を2つ挙げます。

1つ目は、イタリア映画の名作であるニュー・シネマ・パラダイス(1988年)です。

「キネマの神様」の肝になる映画です。

この映画を知らなくても十分楽しめと思いますが、鑑賞済みであれば、

はじめから最後まで、より楽しめること間違いありません。

ちなみに、この映画は年齢を超えた友情の話です。

また、主人公の少年トトの大恋愛の物語でもあります。 

少年時代のトトが地元の映画館で映画を観ているその雰囲気がとっても良いです。

できれば単館の映画館で鑑賞してほしいのですが、

なかなかそうした機会はありません。

もう一つは、アメリカ映画の名作であるフィールド・オブ・ドリームス(1989年)です。

「キネマの神様」では、「ゴウ」と「Rose bud」が評論対決をするきっかけとなった映画です。

農家の家族が、生活の糧であるトウモロコシ畑を切り開いて作った野球のスタジアムに

実在した野球選手などの幽霊が集まる物語です。

この設定はスッと受け入れられないのですが、心温まる感動作品です。

以上2つの映画をまだ観ていないという方は是非、

「キネマの神様」を読む前に、あるいは同時並行で鑑賞することをお勧めします。

「キネマの神様」に出てくる映画一覧

この物語の中では、先に挙げた2つの映画に加えて、たくさんの映画が言及されます。

会話の中でサラっと言及されるものまで結構あります。

すべてではないですが、言及された映画を挙げてみました。

どのくらい観たことがあるでしょうか?

作品タイトル(公開年、制作国)

ワーキングガール(1998年、アメリカ)
カッコーの巣の上で(1975年、アメリカ)
テルマ&ルイーズ(1991年、アメリカ)
自転車泥棒(1948年、イタリア)
或る夜の出来事(1934年、アメリカ)
カサブランカ(1942年、アメリカ)
シャイニング(1980年、アメリカ、イギリス)
ライフ・イズ・ビューティフル(1997年、イタリア)
グッドナイト&グッドラック(1997年、アメリカ)
ブロークバック・マウンテン(2005年、アメリカ)
ローマの休日(1953年、アメリカ)
花嫁のパパ(1991年、アメリカ)
アバウト・シュミット(2002年、アメリカ)
サスペリア(1977年、イタリア)
時をかける少女(1983年、日本:アニメ映画2006年)
ゴジラ(1954年、日本)
キングコング(1933年、アメリカ)
ガメラ(1965年、日本)
第三の男(1949年、イギリス・アメリカ)
ALWAYS 三丁目の夕日(2005年、日本)
父親たちの星条旗(2006年、アメリカ)
硫黄島からの手紙(2006年、アメリカ)
眺めのいい部屋(1986年、イギリス)
アメリカン・ビューティー(1999年、アメリカ)
シンドラーのリスト(1993年、アメリカ)
アイ・アム・サム(2001年、アメリカ)
ララミー牧場(1959年〜1963年に放送されたテレビ映画、アメリカ)
フォレスト・ガンプ(1994年、アメリカ)
インディ・ジョーンズ 最後の聖戦(1989年、アメリカ)
ターミナル(2004年、アメリカ)
ビッグ・フィッシュ(2003年、アメリカ)
市民ケーン(1941年、アメリカ)
シェーン(1953年、アメリカ)
荒野の七人(1960年、アメリカ)
プライベート・ライアン(1998年、アメリカ)
タイタニック(1997年、アメリカ)
アメリ(2001年、フランス)
戦場のピアニスト(2002年、フランス・ドイツ・ポーランド・イギリス)
イングリッシュ・ペイシェント(1996年、アメリカ)
Shall we ダンス?(1996年、日本)
七人の侍(1954年、日本)
猿の惑星(1968年、アメリカ)
オール・アバウト・マイ・マザー(1999年、スペイン)
トーク・トゥ・ハー(2002年、スペイン)
ゴースト ニューヨークの幻(1990年、アメリカ)
天国から来たチャンピオン(1978年、アメリカ)
黄泉がえり(2003年、アメリカ)
リトル・ミス・サンシャイン(2006年、アメリカ)
アダムスファミリー(1991年、アメリカ)
殺人狂時代(1947年、アメリカ)
ロビンフッドの冒険(1938年、アメリカ)

まとめ

映画が好きな方に是非ともお勧めしたい1冊です。

素敵な読了感を味わえます。

これは小生が保証します。

コメント